私が大切だと感じるのは家族とのかけがえのない【時間】

私は現在、幼い子を育てながら、フルタイムで働いているワーキングママです。旦那さんの収入だけだは生活が厳しいと思い、育児休暇を経て、フルタイムで勤務を続けています。
今の世の中、フルタイムで働き、朝早くから夜遅くまで子供を保育園に預けながら子育てされている家庭は沢山あります。しかし、ある日の子供とのやりとりをきっかけに、私の中での価値観が変わりました。これまでは、大切な子供たちに苦労をさせたくない・好きなことをさせてあげたいという思いから、お金を優先し、約12時間保育園に預けて働いていました。子供が可愛そうなんて思ったこともなく、朝晩は時間に追われながら、気持ちに余裕がないまま子供と接する日々。無意識のうちに「早くしなさい」「時間がない!」と子供を急かす生活、休日は溜まった家事をするのに精一杯で、公園で一緒に遊ぶことなんてしたことありませんでした。
そんなある日、ようやく言葉が伝わるようになった2歳半になる娘が泣きながら私に言いました。「一緒に座ってご飯食べよ?」その言葉に、はっとしました。時間に追われるあまり、家族で過ごす貴重な朝晩の食事の時間ですら、子供に一人で食事をさせ、これまでどれだけ幼い我が子に我慢や寂しい思いをさせてきたのか後悔しかありませんでした。その言葉をきっかけに私の中での価値観が変わり、将来の為のお金ではなく、もう二度と戻らない大切な家族とのかけがえのない時間を大切にするように心がけています。

27才、琴ちゃんママエステタイムの割引とキャンペーン情報はこちら